カードローンで限度額いっぱいになった時の対処法

カードローンで限度額いっぱいになってしまったら、それ以上は借りないというのが1つの対策です。収入に余裕がない人は、それ以上は借りないようにして、節約をすることが一番です。まだ収入に余裕があって、もっと借りたいという人は、限度額増額審査に申込みをするというのも良い方法です。限度額いっぱいまで借りていても、収入に余裕があるならば、限度額を増額できる可能性が高いでしょう。
カードローンの限度額を増額するためには、それまでの返済で延滞をしていないということが1つの条件となります。延滞をせずに利用をしていて、新規で借りてから半年以上経過している場合には、審査に通る可能性がそれなりに高いです。限度額いっぱいになっているかどうかよりも、延滞をしておらず、収入に余裕があるということのほうが審査では重要になります。
新規で借りてから間もない時期で、限度額を増額することが難しいなら、他社から新しくカードローンを借りるという手もあります。その場合は、借入件数に注意をしておきましょう。まだ1社しか借りていない状態なら、もう1社から借りてもそれほどリスクはありません。しかし、すでに3社~4社くらいから借りてしまっている人は、それ以上借りるのはリスクが高いかもしれません。しっかりとシミュレーションをして、無理のない金額を借りることが重要です。
おまとめローンは多重債務者の強い味方!検討してみてはいかがでしょうか。